RSウイルスの咳はいつまで?0歳の息子がRSウイルスで入院しかけた話

息子が0歳7か月のときにRSウイルスに感染して入院一歩手前という状況になりました。治るまで結構時間がかかって息子本人も家族も結構大変でした。その時の記録です。

RSウイルス感染症って?

RSウイルスというウイルスが原因の感染症です。

はじめは熱、鼻水といった通常の風邪のような症状が出ますが、だんだんと重い咳になってきます。ひどくなると「細気管支炎」になって、喘鳴(ぜんめい)といって呼吸をするときにゼーゼーしたり、ヒューヒューといった音が出るようになります。呼吸困難にもなり、乳幼児突然死症候群にも関係しているといわれている怖い病気です。

(詳しくは製薬企業や病院・クリニックのホームページなどに詳しく書いてあるのでそちらを参考に。)

山梨厚生病院【RSウイルスについて】kosei.jp/medica/pediatrics/virus.html

どのように症状が変化した?

息子の症状が出始めてからの経過です。

1日目:保育園から帰ってきて、少し咳をしていました。ちょっと風邪ひいちゃったのかな、という感じ。熱はないし、咳も軽いしとりあえずは家で様子を見ていればよいかなと思って1日目は特に何もしませんでした。


2日目:咳は少し出ている。鼻水がひどくなってきました。ひどくならないうちに病院に行くか、と思って病院に行きました。

小児科の先生からは「風邪ですね~。」と言われて鼻水を出やすくする薬を出してもらって帰宅。鼻水がひどくなってきたので、風邪ひき赤ちゃんの必需品「メルシーポット」で吸引!!本当にこれはすごい~!ズルズル~と鼻水が吸引できる。でも息子は嫌がっていつもギャン泣きするけどね・・・。この日も熱はなし。鼻水を垂らしながら元気に遊んでました。


3日目:だんだん鼻水がひどくなってきた・・・。苦しそう。2時間に1回くらいのペースで鼻水吸引。咳も少し増えてきた。


4日目:咳がつらそうになってきた。鼻水もすごい。ゼイゼイして咳も重くなってきた。あまり元気はないけどミルクはちゃんと飲める。


5日目:ついに発熱。38度台。鼻水も相変わらずすごい。昼寝も長くて日中もずっと寝ているような状態。ゼイゼイがひどく、ぐったりした感じ。ミルクを飲む量もいつもの半分程度。哺乳はできていて、眠ることもできるので、次の日に病院に行くことにした。


6日目:熱は下がったけど咳がひどいので朝イチで小児科へ。診察室に入ってすぐに先生の顔色が変わった。いつも優しい感じの先生なのに急に険しい表情になった。「呼吸が苦しそうですね。」と一言。

看護師さんにパルスオキシメーターを持ってくるように指示。指にメーターを取り付けて計測。SPO2の値は99%でした。(SPO2の値が95未満になると結構苦しい状況。90%未満はかなりやばいので即入院。)

すぐにRSウイルスの検査を行って結果は陽性。息子を苦しめていたのがRSウイルスだったとようやくわかりました。ミルクの量が減っているので、こまめにミルクを飲むように指示された。病院から帰宅した後は相変わらずゼイゼイしていたが、鼻水は少し減ったように感じました。


7日目:前日に「明日も確認のために病院に来て。悪くなっていたら入院になる。」と言われていたので2日連続で病院へ。「悪くはなっていないけど、まだ安心できない」と言われて次の日も受診することに・・・。


8日目:再び病院へ。まだ悪い状態らしい。鼻水はおさまって咳だけになってきた。ゼイゼイは続いているけど、睡眠は問題なし。ミルクは少なめ。


9日目、10日目:ゼイゼイが続いている。熱はない。ミルクの量は戻ってきたし、息子も元気になってきた。


11日目:ようやくゼイゼイが少なくなって、咳も少なくなってきた。


12日目:病院へ。「ようやくよくなってきましたね。入院になるかと思っていたので心配していました。治ってきてよかったです。」と先生に行ってもらえた。ようやく一安心。保育園への登園許可ももらえました。


13日目:久しぶりに保育園に行けた。保育園でも流行していたみたい。ゼイゼイはほぼなし。たまーに咳。

咳が治ったのはいつ?

保育園に行けるレベルになったのは、咳が出始めてから12日後でした。本当に長かったです。ずっと保育園もお休みしてしまいました。0歳でRSウイルスにはじめて感染するときは重症化しやすく、また治るのにも時間がかかるそうです。小児科の先生の話では、しっかり治しておかないと次に普通の風邪にかかったときに咳がひどくなったりするそうです。保育園に行って遊んだりして活発に動くのも治りを悪くする原因になるそうなので、しっかり保育園も休んでくださいと言われました。共働きなので保育園をお休みするとなるとかなりつらかったのですが、夫や実母にも看病をお願いしたり、病児保育を使いながらなんとか頑張りました・・・。

RSウイルス感染症の検査

インフルエンザの検査のように鼻の粘膜を採取します。綿棒みたいなのを鼻に入れます(息子はギャン泣きでした。)。10分程度で結果がわかります。RSウイルス感染症の検査は1歳未満の赤ちゃんのみ保険適用されます。医療費負担がないのであまり実感がわかないと思いますが、

どんなとき入院が必要なの?

以下のような場合は入院が必要とされるようです。

  • 陥没呼吸になって呼吸困難状態になっている
  • 咳がひどくて嘔吐してミルクが飲めない
  • 咳がひどくて眠れない
  • ぐったりしている状態が続いている

ただし、前述したとおりRSウイルス感染症には特効薬はありません。なので入院してもすぐに治るわけではありません。入院すると、点滴をして脱水症状にならないようにしたり、呼吸器状態を管理したりすることになるそうです。子供の治る力に任せるしかないのが歯がゆいですね・・・。

子供のためにできること

我が家は病院に行くまで時間がかかってしまいました。ゼイゼイが始まった時点で病院に行くべきでした。幸い、呼吸困難などにはならなかったのでよかった。ゼイゼイが出始めたらまず病院に行って状態を見てもらうことをお勧めします。

そしてしっかり水分・栄養を取れるように、こまめにミルク・離乳食・水分をあげることも重要です。

あとはしっかり休むこと。「もうそろそろ大丈夫かな?」と自己判断で治りかけのところで保育園に行かせてしまったりすると思いますが、病院の先生の判断をよく聞いた方がよいと思ました。