妊娠中に「お腹触らせて」と言われたときの5つの対処法

多くの妊婦さんが「お腹触っていいですか?」「お腹触らせて」と言われた経験があるのではないでしょうか。

私もあります。いろんな人から。絶対触られたくない人からも。

いくら妊娠中とは言え、触られたくない派だったので、空気を読まずに断りまくってきました。

なぜ、妊婦だからといって人の体に触っていいと思うのでしょうか・・・。

この記事では、「お腹触っていいですか?」「お腹触らせて」と言われたときの対処法を考えていきたいと思います。

妊娠すると直面する「お腹触らせて」問題

妊娠してお腹が目立つ6,7ヶ月ごろから発生しはじめます。

妊娠経験者のあるあるだと思うのですが、私もはじめて夫以外から「お腹触っていい?」と言われたときはとても困りましたし、嫌な気分になりました。

私がはじめて言われたのは実母からでした。

6ヶ月最終週、自宅にいたときです。私が、「最近胎動出てきたんだよねー。動いててびっくりする。」と話をしたら、母がワクワクした声で「触っていい?!」と聞いてきたのです。

そして「え、やだ。」と即答してしまいました。

実母だったら平気と思う人も多いのかもしれませんが。

実母の中から産まれてきた分際で触られることを拒否するなんて、なんて図々しいヤツなんだ!と今は思います。が、その時は嫌でたまらなかったのです。それから母が「お腹触っていい?」と聞いてくることはなくなりました。(その後、少し可哀想に思ったので、「触っていいよ」と言って触らせてあげました。)

母からのお願いははっきり断れましたが、その後も臨月が近づくにつれて、友人、職場の人、親戚、弟などから「お腹触っていい?」「触らせて」攻撃が激しくなっていきました。

ブログやツイッターなどを見ていると、やはり同じような悩みを持つ妊婦さんは多いようです。

例えば、

  • 職場の上司(男性)から触っていい?と言われた。
  • 見知らぬおばあちゃんに触られた。
  • 義父、義母、親戚が触ってくる。

など。

上司や義父は嫌ですよねー。他人でしかない男の人に触られるわけですから。正直、セクハラです。

個人的には、ディズニーランドでミッキーにお腹を触ってもらって写真を撮るのも驚きます。中身はお●さんかもしれないし。

自意識過剰でしょうか。

ただ、嫌なものは嫌なのです。
妊婦になったからといって、子供がお腹にいるからといって公共物になったわけでもないし、自分の体は自分の体です。

ベビー ボディスーツ 5着セット モノエルヴィントン【Cath Kidston公式】

どうすれば、「触らせて」を回避できるのか

この妊娠中の「お腹触らせて」問題の厄介なところは、断りにくいことです。触らせることがむしろいい!といった雰囲気さえあります。

私も「触ると安産になるから!」なんて、21世紀の平成が終わろうとするこの時代にびっくりな発言をされたことがあります。

ブログなどを読んでいると、嫌!気持ち悪い!と思いながらも断りきれない妊婦さんがたくさんいるようです。本当にその方々の気持ちを考えるとツライし、怒りが湧いてきます。その場にいたら、触ろうとする人をスリッパで叩くレベルの怒り(怒)

これ以上、「触らせて」「触っていい?」の被害者が出ないよう、私が使っていた対処方法を紹介します。

1.妊婦さん自身が考え方を変えてみる

まず、断っても大丈夫な人には、遠慮せずにはっきり断りの言葉を言うようにしてはどうでしょうか。

ストレスであるのなら、まずは妊婦さん自身が考え方を変えて、断る勇気を持って断ることが大切です。それがこの問題に向き合っていくための第一歩なのではないかと思います。

妊婦さんはこれから子育てをしていく中で、子どもを守るためにたくさん断る経験をしていかなければなりません。その練習と思って、気まずくなってもいいという考えを持って、遠慮せずに断ってみましょう。

2.断る時のセリフ

断る時のセリフは、お腹をガードしながら「うーん、お腹触られるの、元々苦手なんです。すみません。」が便利でオススメです。これで配慮ある人なら気づいてやめてくれます。

それでも諦めないようだったら話を逸らすために、「お腹触るとくすぐったくないですか?●●さんは大丈夫ですか?」と言ってみましょう。

これを言ってもまだ諦めないようだったら、相当面倒な人ですね・・・。

手洗いに行ったりして、離れましょう。

あまり妊娠事情を知らないような男性に効果的なのは「お腹を触るとお腹が張ってしまって、胎児に良くないんですよ。私、体質的にお腹が張りやすくて病院でも相談してて・・・」という返答です。

実際、触りすぎたりするとお腹は張ります。あとストレスが溜まるとお腹が張るので嘘をつくわけではありません(笑)上手に使いましょう。

※妊娠経験者には「それくらい大丈夫でしょ。」と言われてしまい、残念ながら通じません・・・。

3.突然触ってくる人への対処法

どうしようもなく厄介なのが、突然触ってくる人です。いきなり手を伸ばして触ろうとする人っているんですよね・・・。本当に意味がわからないです。そういった場合は全力でお腹をガードするしかないですね。

妊娠の話をしたりするときは、常に警戒しておくことをお勧めします。

女友人にありがちなのが、「触らせて~~~!」と言いながらすぐに触ってくるパターン。そういうノリの友人は特に警戒しておきましょう。

4.近くに理解者を作っておく

旦那さんにも「自分はお腹を他人に触られるのは嫌だ。」ということを伝えて、守ってもらいましょう。義実家対策に有効です。

私は旦那さんにその話をしてたからか、義父母から触りたいと言われたことはなかったです。おそらく私が嫌がることを伝えていたのかと思います。

ベビー ボディスーツ 5着セット モノエルヴィントン【Cath Kidston公式】

5.もし触られてしまったら・・・

過去に触ってきた人は要注意人物なので、次のコミュニケーションのタイミングでは距離を取ったりするようにしましょう。「大きくなってきたね~」なんて、無駄にお腹チェックをしてこようとします。

あとは、最終的には触られたことを気にしないことかと思います。どうしても嫌な思いをすると思い返してしまってイライラが続いてしまいます。決してあなたやお腹の中の子が汚されたわけではありません。アクシデントと思って、楽しいことをしたり、気持ちを切り替えましょう。(なかなか難しいんですけどね。)

妊婦のお腹を触りたい人へ

今まで悪気がなく触ってきた人はまず反省してください。ニコニコしながら「ありがとうございます」と言っていた妊婦も、実は心の中では嫌でたまらなくて、気持ち悪くて、傷ついていたかもしれません。

あなたが突然、「お腹触っていいですか?」「ほっぺた触らせてください」なんて言われたらどうでしょうか?

あなたの大切な人が同じことを言われていたらどうですか?想像してください。

きっといい気持ちにはならないはずです。妊婦といってもそれと同じ気持ちです。

妊婦だからといって、触ってはいい理由にはなりません。

気づいてほしいのは、あなたが触ろうとするものは胎児ではなく、妊婦のお腹であること。

「安産を祈ってるよ、元気な子どもを産んでね、応援してるよ」という言葉だけで十分なので、触りたい衝動をグッと抑えてください。

相手が同性だとしてもお腹は触られたくない場所だということを理解してほしい。

お願いします。

「女の子に触れるチャンス」なんて思う男性は、もう地獄に行ってください。